超スペシャルおめでトーク!

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 17th, 2021

秦基博さん、森山直太朗さんからの
おめでトーク!今週の上出来ラジオも超スペシャル!
たまらない〜驚きました!
一月はミュージシャンのみなさんから届く”今年もよろしくねスペシャル”。
誰から届くかは私は知らされておらず(笑)
デビューから仲良しのみなさんが楽しいお喋りをしてれます!
お二人のお話は、今の私たちに相当な勇気をもらいますよー!!

FM AICHI「矢野きよ実の上出来ラジオ」2021/01/17/07:30~
radiko でお聴き頂けます >> コチラ をクリックして下さい。

秦基博さんはデビュー前から、スタジオで弾き語りをしてくれた時のこと…
なんとあれから15年。毎年2回はスタジオで逢えるのにね…
メッセージありがとうございます。
NHKの”おちょやん”の一回目、オープニング聴いて
“秦くんみたいに素敵な子だなぁ〜”と思ったら秦くんだった(笑)
優しい笑顔に、早く名古屋で逢えますように…

そしてそしてーーー
森山直太朗さんのお話は必聴です!
「焦らずじっくり変えていかなければいけない価値観がるのではないか、
言葉の先に未来がある…
早くコンサートライブで逢えるように……
その時はギターを持ってスタジオに行くね…」
NHKのドラマ心の傷を癒すことが映画化、その主題歌
「かく云うボクモ」最高の曲をかけてくれましたよー。

「JYOUDEKI MOVIE」フェイスブックは >> コチラ から
「JYOUDEKI MOVIE」インスタグラムは >> コチラ から

 

 

上出来ラジオおめでとトーク

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 13th, 2021

スキマスイッチの卓弥くんと真太くん。
そして家入レオちゃんからの
おめでトーク!

毎年、ミュージシャンのみなさんから届く”今年もよろしくねスペシャル”は
誰から届くかは私は知らされておらず(笑)
デビューから仲良しのみんなが楽しいお喋りをしてくれる。

家入レオちゃん…高校生のレオちゃんはいつもスタジオで涙を流して…
レオちゃんの話でみんなが元気をもらったよー
ありがとうーー。

スキマスイッチ…ちょうど一年前、
オーガスタのイベントで司会を仰せつかり大笑いしまくったのにね…

今年も名古屋で逢えますように……

 

 

成人の日・中日新聞社説に。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 11th, 2021

成人の日の中日新聞社説に
書と論説委員の飯尾歩さんのお話が掲載されました。

2021011100000001
中日新聞HPの掲載は > コチラ から

私からは
「黙るより叫んだほうがいい」と贈ります。
コロナ禍で辛い日々の中ですが…
生まれてきてくれた日、嬉しくて愛でたくて、みんなが喜んだんだよ
それからずっと一緒に傍にいてくれる家族や周りの大人たちは
何があっても”いつも味方でいます”

「黙るより叫んだほうがいい」
目の前の大人にでも友だちでも
人に言えなければ紙に……
迷った時は書いたり叫んでみて
実は答えは自分が知っていて、
叫んだりしているうちに見えてくる…
次のステップに一歩でも進むことができるのは、自分の叫びです。
私たちはその気持ちを聞くことができたなら、
傍にいることしかできないかもしれないけど…でも必ず味方でいるから。
動いていい時は動くから!
静かにしていなければいけない時は
静かにしているから。

新成人のみなさん
今日はみんなで心から”おめでとう”を
何度も叫びますよー!
生まれてきてくれてありがとう。
心から新成人おめでとうございます。
いい人生でありますように……

飯尾さんは強く優しい社説を書いてくださいました。
カッコいい大人です。
飯尾さんありがとうございます。

 

 

今日の書展

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 6th, 2021

今年も最初の作品は
愛知県美術館「今日の書展」です。
……ずっと想う気持ちです……
久しぶりに遺しておきたい書です。
– 今日の書展 –
1月5日〜11日(私のお当番9日午前です)

四つの書道団体による趣の異なる
個性的な作品が並びます。
どの団体も素敵ですよー。
私は玄玄書作院です。

202101060000004

「JYOUDEKI MOVIE」フェイスブックは >> コチラ から
「JYOUDEKI MOVIE」インスタグラムは >> コチラ から

 

 

今年もaikoがスタートさせてくれましたー!

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 5th, 2021

今年も大大大好きなaiko❤️が
番組一発目をスタートさせてくれましたー❤️❤️❤️ありがとうーー

FM AICHI「矢野きよ実の上出来ラジオ」2021/01/03/07:30~
 radiko でお聴き頂けます >> コチラ をクリックして下さい。

「JYOUDEKI MOVIE」フェイスブックは >> コチラ から
「JYOUDEKI MOVIE」インスタグラムは >> コチラ から

そして今年もピロウズのさわおくんが
お正月3日のおめでトークに登場してくれました。
泣きそう……ありがとうー!

 

 

あけましておめでとうござい万寿

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 1st, 2021

あけましておめでとうござい万寿。

元日の中日新聞8面に掲載されました。
バローホールディングスの社長との
対談をさせていただきました。
始まる前に大大好きなラグビーと
剣道の話で盛り上がりました!
それは一行もありませんが…(笑)

2021年も一生懸命頑張ります!
どうか一緒に
よろしくお願い致します!

202101010010000001

 

 

チャリティありがとうございます。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 31st, 2020

児童養護施設へのチャリティありがとうございます!
今年のやきものワールドの招き猫企画展示にて、
みなさんが購入してくださった招き猫の売上の一部を
中日新聞やきものワールド実行委員会より¥90,000を預かりました。
「無敵プロジェクト」を通じて児童養護施設、悲眼院への寄付として
使用させていただきます。

この児童養護施設は笠岡市で来年2月に開催されます
“シマヲカナデルMUSIC &ARTフェスティバルのプレイベントで
出逢った子どもたちの施設です。

悲眼院のみなさんの希望で
ビデオカメラ(三脚、ディスク、バッグ含む)を購入させていただきお送りしました。
直接お届けに行きたかったのですが、
今回は郵送にてお届けです。
ご購入いただきましたみなさま、ありがとうございます。

202012000100100013

矢野きよ実の書の物販へのチャリティも、
施設のみなさんの希望が決まり次第
ご報告させていただきます。

 

 

心からありがとうございます。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 31st, 2020

今年もお世話になりました。
2020年のお正月は、
大好きなaikoとピロウズのさわおくんが私の番組をスタートさせてくれて!
いつものように始まった。
7日からは400年前の繭の家でカメラマンのよっちゃんと展覧会ができて
NYから大江千里さんも、たくさんの人が来てくれて嬉しくて!
上出来ラジオには、たくさんのアーティストのみなさんが来てくれて、
特に2月25日(誕生日(笑)には
宮本浩次さまが登場!!宮本独歩を大切に紹介させていただいて………
そして笠岡市との出逢い…圭三さんとの出逢い…
そしたら自粛……
みんなに逢えない日々が辛かったーー
コロナで大切な人が天国に逝っちゃった…たまらない日々が続く…

でも、大晦日に振り返ってみたら
そんな中でも頑張ってた!
みんなでリモートで繋がって、
できる時には外に出て…出来ることを頑張ってた!
尊いものが何かを、よ〜く分かった一年でした。
自分が元気でいられるのは、幸せは…
家族と友だちと仕事仲間と、今まで出逢った人がいるから。
それしかない!それが一番大切なことでした。
だからみんなが元気でいられるために、
一番大切なことは何かを、今も考えて今も想います。
淋しくてたまらないけど…
みんなで頑張りたいと思います。
2020年ありがとうございました。

「JYOUDEKI MOVIE」フェイスブックは >> コチラ から
「JYOUDEKI MOVIE」インスタグラムは >> コチラ から

ラブサイケデリコの直樹さん久美ちゃん

サンボマスターのみんなは勇気をありがたい!

一月にはSHISHAMOの朝子ちゃん

大江千里さんはニューヨークから!

nakamura emiちゃんかっこいいー

ヤイコの優しさたまらないー

宮本浩次さま宮本独歩を大切に紹介させていただいて……

小児がんの特別番組を名大病院名誉教授の小島勢ニ先生と。

自粛の時にはラブサイケデリコの直樹さんが勇気をくれましたー

大好きな鳥越俊太郎さんは2週も喋ってくれました!

BEGINの等さんはプライベートスタジオから!

阿部真央ちゃんーー大好きだよー

スキマスイッチはおもしろい(笑)

オジャちゃんは、配信ライブもかっこよかったです

デダチケンタくんも

うたまろは再結成だ!

吉田山田の2人は楽しいねー

ウルフルケイスケさん!ご自宅からありがたいー

繋がったー!どんな時も加藤登紀子さんは勇気をくださいます!

鮎川誠さん!メリークリスマスー!

ウルフルケイスケさんクリスマスだ!

超リスペクトの建築家若山滋さんと北川啓介先生!

赤い公園米咲ちゃん大好きだよー聴こえますかー。

AEDのお勉強小澤先生ありがとうございます。

やっぱり山崎まさよしさま!!
最高の優しいお話でしたねー

阿部真央ちゃんも自宅から繋がってくれたー。可愛すぎだー

三宅伸ちゃん、高橋Jr.さーんかっこいいぞー

今年の最初に繋がってくれたのは
世界一可愛いaikoでした!

そして30年の仲良しです。
ピロウズさわおさま!

今年の1月にはカメラマンの親友佐々木よっちゃんと
400年前の繭の家から
展覧会ができました。

笠岡市の始まりは中西圭三さんとの運命の!出逢い!

笠岡ブランド協議会の審査員から
全ては始まります。

一月はスキマスイッチのみんなと大笑いしてたー

児童養護施設も行きましたよー

3月に逢えるはずだったね陸前高田の子どもたちに…

OSAKA ROOTSの久米くんとあやこちゃんに大阪に逢いに行きました。

愛知・アジア競技大会のエンブレム審査員…できて良かった〜

おかげさまでJOUDEKIMOVIE始めることできました(笑)

愛知も青くなった

15歳の私まで出てきた(笑)

家の前の白鳥公園で突然の花火に驚きました。素晴らしかった〜

2020123101000000047

イベントは全て中止になったけど書はたくさん書かせてもらいましたね〜

ななちゃんも私の書持ってた!

関市制70周年で、廃校してしまう武儀小学校の子どもたちは
1800枚の書を書きました。

そして…中西圭三さん三宅伸治さん、耕一さんMAYAMAXX、yanokazuki、とシマヲカナデル決定!

丸善ギャラリー「せんせい&娘」書道展は大盛況でした

2020123101000000056

シマヲカナデル来年大成功させます

大村知事とドアラと

やきものワールドできて良かったー

笠岡市の児童養護施設悲眼院、北川小学校、小北中学校、今井小学校の
子どもたちとの出逢いに心からありがとうございます。
来年も行くよー

瀬戸焼きの大きな招き猫には
「負けるもんか」と「無理せんでいいでね」

 

 

ありがとう!メリークリスマス

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 27th, 2020

児童養護施設の子どもたちから
手づくりのクリスマスプレゼントを
いただいちゃいました〜❤️
泣けちゃいますね。

無敵プロジェクトのみんなにいただきました。
コロナで逢えなくて、施設に行けないけど、いっぱい想ってるからね〜❤️
メリークリスマス❣️❣️大好きだよー
逢いたいよー

 

 

さっちゃんとはーちゃんの作文

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 27th, 2020

今年最後の講演会できました。
コロナで今年の講演会はほぼ中止でしたが3回目。
ソーシャルディスタンスで100人限定。
今回は人権週間で小中高の作文コンテストの表彰式の後に
講演をさせてもらいました。

毎年、みんな素晴らしい作文を発表します。
今年は、最優秀賞のさっちゃんという小学校四年生女の子の作品。
「私のお姉ちゃんは2歳の時に事故でのうに障害がおきてしまい……」

このお姉ちゃんというのは
私の仲良しのはーちゃんでした。
びっくりしました。
会場でこの作文が読まれて、
そのはーちゃんの妹のさっちゃんが読んでいた。

はーちゃんは妹のさっちゃんが作文に書いたように
2歳の時に事故で身体が麻痺してしまい
今はボードを使ってお母さんが読み取って話します
動く人差し指に絵の具をつけてもらって絵を描きます。
素晴らしいです。
はーちゃんが小学校の時に
やきものワールドで私の書と
はーちゃんの絵でコラボしてね
有田で書を書いたものをはーちゃんの家に運んで、
はーちゃん寝たままかいてくれて
それをまた有田へもっていって焼いてもらって
展示された作品はとても可愛くてね嬉しかったです。
作品集も出していて
私の書道展にも来てくれて

人権ってな〜に?
以前、私が作文コンテストで出逢ったとても可愛い当時、
中学校2年生の女の子に教わったことがあります

彼女は左手の人差し指、中指、薬指、小指が
第一関節の半分位の長さしかなくてね、
小学校の時、サッカーの試合で、
相手のチームの人が彼女の左手を見て、隣の人と笑っていて、
その時、とても悲しい気持ちになったんです。
自分の左手がどうしてこんな手なんだろう、
どうしてみんなと違うのだろうと思って、自分の左手を恨んでね、
笑われたり悩んだり…

人権って何だろう。と彼女は考え、こう教えてくれました。
「人が幸せに生きる権利。」
彼女は
「私の左手は魔法の手』と言い
この世界にはたくさんの人が生きていて、いろんな人がいる。
そのたくさんの人には個性があり、
それを尊重し合って生きていくのが大切で、
もしそうであるのならば、私の左手というのは個性である。と。

神様はきっと本当の幸せを私に教えてくれたのだろう、

私は彼女の言葉もはーちゃんの言葉も、さっちゃんの作文も忘れません。