せんせい&娘展 初日ありがとうございます

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 10月 14th, 2020

書道展初日…逢いたかったみなさんに
逢えたーーー。たまらない幸せです。
出逢って一緒に仕事をしたり
プライベートでお世話になったり…
なかなか逢えないけれど、いつも元気かな…って想ってて…
会場に来てもらえることは、
本当に尊い時間をいただいてるって
感謝です。
ありがとうございます!

19日(月)「せんせい&娘」
最終日は17:00までです。

 

 

せんせい&娘書道展

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 10月 14th, 2020

今日から始まります。
何より、今回は一人ではなく
私が41年も一緒にいる師匠、先生とです。

私の師匠は世界一の女流書家でね
玄玄書作院の会長や役職もたくさんですが、
私は41年前に出逢ってずっと私の先生で…
そうしたら師匠にこう言われたの
長く人生生きてるけど
きよ実ちゃんとずっとこうして楽しく一緒にいる
なかなかこんなふうにいられるのってないわよね……って

17歳の時、父から「綺麗な先生の書道教室に一緒に行こう」と誘われ
別々に暮らしていた父との週に1回の大切な時間でした
1年後、父が亡くなり先生に挨拶に伺うと
「書きなさい。今、心にあるその想いを書きなさい。」と
一本の筆をくださいました。
「書けません淋しすぎて…」と呟くと「いいじゃないそれで…」
私は「淋」を書いて書いて何百枚も書きました。
ある日「愛知県美術館に展示してあるから観てきなさいと」言われ
「淋」の前に一人で立っていると
ちょうど審査中らしく、偉い先生方が「こりゃだめだ、淋しすぎるな」と
叫ばれました。
私にとってはこの上ない褒め言葉でした。
「だって淋しいんだもん…」

2020101400101000001

17歳の時、大平玲華先生と出逢うことができ、
自分の心の裡(うち)を書で表現できるようになりました。
きっと一生、先生のようには書けないけれど
一緒に大好きな書をかく空間にいられる幸せは、
どうか、ずっとずっと続きますように…
41年間大好きな師匠の近代詩を見てきた弟子と母のような師匠の書を
ぜひ観に来てください

2020101400101000002

10月14日(水)〜19日(月)
丸善・名古屋本店6階ギャラリー
名古屋市中区栄3丁目8番14号

 

 

武儀東小学校の子どもたちの心の音

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 10月 9th, 2020

さぁ、もう一つの小学校に行ってきました!
観てくださいーーー。

岐阜県関市市政70周年記念行事の一環で行われている書の授業
先週と今週2日間で2つの小学校
1年生から6年生120人
1時間目から6時間目まで3500枚を超える書を書きましたー!
一昨年
岐阜県関市の子どもたちの大好きな津保川(つぼ川)など
8つの水位が急上昇して、その結果、津保川が氾濫して
尊い命も失われて多くの家屋、倉庫が被害にあい被災しました。
さらに、
書の授業をした2つの小学校は
3月で閉校してしまうんです。
私が先週の子どもたちの書いた書をラジオで紹介しました。
そしたら教頭先生からメッセージが届きました。
子どもたちが給食の時間にラジオの録音を聞いて大拍手が
おきたそうです。泣きそうです!

そしてもう一つの小学校!
同じ地区でも雰囲気が違うんです。
素敵な子どもたちが書いた1500枚を超える書の一部です。

1、2年生
につぼんは小さい学校の運動場は広い
みんなでおどろう
しゅくだいちょうきらい
いのちをじぶんでまもる
むだなじかんづくりはやめ
いきることがたいせつ
つきわきれいだ
やまにひがのぼる
にじがそらにある
みんな大切みんななかよくげんきにくらせますように
心は大事

3年4年生
かぞくが一番好き
ご飯を食べないと大きくならない
できることはある
コロナにとられた
ひとのいのちをとるな
どうかさくらまいもどれ
いつも元気じゃないところなにまける
私はみんなに負けないぞ
やべいたのしい
コロナ消えろあそばせろ
みんなだいすききふけん
いつも楽しくいつも嬉しく
お兄ちゃんがんばれ

5.6年生
じいちゃんと魚つり
人生そんな甘くない
死ぬまで楽しく
死ぬな
切り絵もっとうまくなる
じいじに会いたい
死なないで
全力勝負
災害おこるな
幸せの日が続きますように
ばあちゃん天国

「じいじに会いたい」と書いた女の子は
書いたあと涙がこぼれました。
そして「死なないで」と、そっと書きました。
みんな何かしら心に持っています。
コロナに怒っています。
「.コロナにとられた」「人のいのちをとるな」そして家族のことを書きます。
子どもたちに寄り添って一日中一緒にいると、
私たちが教わることばかりです。そして優しい気持ちになれます。
この子どもたちを守るのは大人の私たちです。
縁あって出逢ったみなさん、子どもたち、繋がった場所、地域、
尊い時間を大切に過ごしたいと思います。
無敵プロジェクト20人
武儀事務所のみなさん、心から
一緒に繋がってありがとうございます。矢野きよ実

 

 

「JOUEDKI MOVIE」は >> コチラ から

 

 

笠岡市で作戦会議です!

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 10月 7th, 2020

作戦会議をしてきましたー!
岡山市内から約50キロ西南に離れた場所にある笠岡市、
瀬戸内海に面した港町、島が31あって7つが有人島で、
その島々が素晴らしいんです!
その素晴らしい瀬戸内の豊かな風土から生まれた笠岡ならではの
「かさおかブランド」の審査員を中西圭三さんと今年の2月に
させていただいていて今回で3回目。
その時に中西圭三さんが
“この島でアートと音楽やりたいねーって!できるといいねー”って
それが今回叶うことになったんです!

今回はその作戦会議!

中西圭三さんと画家のMAYAMAXXさんと、私と中村耕一さんとKAZUMAXXと……
タイトルを決めて
どんなコンサートにするか
どんな書や絵のアートにするか。

チドリのダイゴさんの故郷の北木島で
廃墟になってしまった窓も何もない開けっ放しの風の中での会議してきました。

さぁ!来年の2月に向かって
お手伝い開始です。
その様子、次の上出来ムービーに
美しい海の前で喋ってまーす。観てね。

 

 

関市 武儀西小学校 書きましょ

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 10月 4th, 2020

1年生から6年生60名
1時間目から6時間目まで1800枚を超える書を書きました!
10 月2日関市武儀地区の小学校で
子どもたちに書の授業です。
岐阜県関市市政70周年記念行事の一環です。
関市武儀地区の2つの小学校120人の子どもたちと2日間書きます
なぜ関市、なぜ武儀地区なのか

今年も大変な豪雨被害が起きました
九州、特に熊本、下呂市、飛騨市、長野県たまらない災害を報道で観て
どうかどうかと祈るだけでした。
私は昨年、
がんばろう! つながろう!
関市 豪雨災害復興支援イベントをお手伝いして、
この番組でも名古屋から車でたった‪1時‬間程の近くで
大変な被害があったこと…
知っていますかとみなさんにお話ししました
岐阜県関市の津保川(つぼ川)など8つの水位が急上昇して、その結果、
津保川が氾濫して尊い命も失われて
多くの家屋、倉庫が被害にあい被災しました。
この地域の人々は、優しくてね、自分の家が被害に遭っているのに、
みんなを思いやりお互いに動いていく…話を聞くと胸を打たれます、
東北のみなさんによく似ています。
津保川は普段は、ものすごく穏やかでキラキラと美しい川、
どの川もそうですよね、それが豪雨で突然牙を剥くと、
一瞬にしてそこに住む人々の暮らしを奪います。
被災したみなさん、高齢者の方もそして子どもたちもいます
みなさん水害のニュースを見ると思い出し、
雨がひどくなると眠れなくなると言われます。
今回、その地域の子どもたちの心の裡を書できく授業をぜひ!と
仰せつかりました。
理由がもう一つ、二つの小学校のうちの一つの学校が閉校してしまうんです。
無敵プロジェクトのメンバー18人
朝5時集合、7時に関市到着、準備して授業が始まります。
1.2時間目は可愛い1.2年生
全員書道は初めて!
かわいかったぁー
学校とさよならするけどありがとう
雨がふる雨がやむ
武儀西小ありがとう
さようなら
だいすきとありがとうはいっぱい!
1.2年生600枚超えました

3.4時間目は3.4年生
みんながいるからここにいる
かならず会えるとしんじたらくる
たからものはかならず守る
強い弱いあかんけいない
病気なんてふっとばせ
ないてもいい
命は一番の宝物
あきらめるな
こわくない
ありは小さいけどやればなんでもできる

700枚超えました

5.6時間目は高学年の5.6年生
明日が待っている
ぜったい負けない
挑戦しないと変わらない
生きなきゃ意味なし
生きる道
ここにいる大切な学校
いつまでもいっしょに
大切なのはただひとつ
みんな大好き

先ずは60人の子どもたちの1800枚の心を見せてもらいました。
先生方は泣いていました。
こんなにも積極的にそして自分の言葉で書く力があって…
感動していますと。

墨は鈴鹿墨、伝統工芸師の伊藤亀堂さんが最高級の墨を12ℓ、
子どもたちのために持たせてくださいました。
筆は豊橋筆、三竹さんからです。

私などは1人ならば小さな力です。
でもたくさんなら大きくなります
無敵プロジェクト18人、
そして何より今回は関市役所で働く長瀬さんという、地域と子どもたちを想う
大きな優しさを持った一人の人の想いから繋がりました。
この人、いっつも地域を想って動きまくってる。その背中を見せてもらって
縁あって出逢った人と
繋がった場所、地域、
尊い時間を大切に過ごしたいと思います。
撮影、佐々木良典,マブーチ
無敵プロジェクトメンバー19名

 

 

矢野きよ実の上出来ラジオはDedachiKentaくんが登場ー!

Posted in Diary,Information by mabuuchi on 10月 2nd, 2020

JOUDEKIMOVIEは岐阜県関市からです。
一昨年豪雨水害に遭い、
来年には学校が閉校してしまう子どもたちの心の裡を書で
話す授業に無敵プロジェクト19名で行ってきました。
最後に少し子どもたちの発表もあります。

JOUDEKIMOVIEは >> コチラから

FMAICHI 「矢野きよ実の上出来ラジオ」
今週も繋がってくださいねー!
ゲストはロサンゼルス在住、20歳のシンガーソングライターの
DedachiKentaくんが登場ー!

今はコロナ禍で日本からオンライン授業を受けているDedachiくん…
先日のオーガスタキャンプのお話はもちろん
私の大尊敬する小坂忠さんとDedachiくんとのコラボレーションのお話…
リモートでたくさんお話しましたよー

多機能ネックウォーマーのプレゼント
ご好評につき(笑)まだまだしていますよー
メッセージはFMAICHI HPにある
「メッセージ&リクエスト」から送ってくださいねー
抽選でプレゼント差し上げます❣️

10/4「矢野きよ実の上出来ラジオ」ぜひ聴いてねー