子どもたちの心の叫びを聞いてください。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 6月 12th, 2019

月曜日(6月10日)児童養護施設に行きました

2歳から18歳、虐待、貧困、親の病気など、
なんらかの理由で親と暮らせない子どもたちがいます。
今回は小学生の振替休日を使って16人の子どもたちに逢えました。
筆と墨と紙を使って心の中にある想いを、叫びを書いていきます。
私たち大人のルールは子どもたちに質問をしない、こちらから聞かないこと。
子どもたちに何を書こう!と言わないことだけです。
数十分もすると、子どもたちの方から話してきます。
そして心の裡(うち)を書いていきます。
今回も700枚を超える叫びを見て聞きました。

「地獄」「絶望」「ママにあいたい」「死ぬな生きろ」「ここにいるのはや」
「今まで育ててくれた人たちにかんしゃの気もちをもって最後まで生きる」
「ここにはりゆうがあっている、好きかってしていい所じゃない、
しょうらいいい大人になるための練習でもある」
「自分をイヤと思うな」
「イキタクテモイキラレナイヒトガイル」「いじめてもたのしくないよ」
「SOSみてみぬふりもいじめだよ」
「絶対死ぬなみんな生きる」
「1日をむだにするな」
「自分の人生は自分でつくる」

2年生から6年生、
震災後、被災地の子どもたちにも同じことを思いましたが、
言葉は、経験から生まれます。
おじいさんやおばあさんになったらやっとわかるような言葉を見てきたものから
経験したことから子どもたちの心から発するのです。
生まれてすぐから施設にいる子、野原で捨てられていた子、
2度と親が迎えに来ない子、殺されそうになった子、
「ここにきたくてきたわけじゃない」と
書いたひとりの子の気持ちは全ての子どもたちの気持ちだと思います。
すり切れてすり切れて生地がなくなった
ティシャツで施設に入り、お風呂のお湯があたたかいことを驚く子、それは
1人2人ではないです今の世の中なのに。
施設長から「それでも施設に入れない、
誰も気づかず虐待を受けて苦しんでいる子どもたち、
グレーゾーンにいる子どもたちが、沢山いるんです」
「大きくなって虐待を受けた子がまた虐待を繰りかえす」
そんなことは言う大人にはなりたくないです。言っちゃいけません。
言う前にどうか先ずは寄り添ってください
世の中、優しい人もいるよ、
みんなのこと知ってるよ
捨てなもんじゃないんだよって
わかるようにそっと寄り添って
味方になってください。

 

 

2019.6.12名古屋市熱田区の17:12の空

20190612000001

無敵プロジェクト 6/10メンバー
鈴鹿墨 伊藤亀堂さん提供
豊橋筆 三竹辰弥さん提供
マブーチ、村田さん、よっちゃん、耕一さん、日裏さん、鷲見さん、
長谷川さん、知穂さん、チコちゃん、田島ちゃん、友美ちゃん、
加藤くん、久美ちゃん、鱗林さん、教子さん、世理奈さん、矢野きよ実、

写真は佐々木よっちゃんにいただいてから
掲載しますね。

 

 

名古屋小児がん基金3周年記念イベント

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 6月 12th, 2019

医療はすべての子どもに平等でありたい!
「欧米では子どもたちを守るための治療や研究にかかる費用は
市民からの募金で賄われるんですよ、でも日本はなんの関心もない…」
3年前に名古屋大学病院名誉教授の小島先生に呼ばれ
「小児がん基金を立ち上げイベントをします、お手伝いをしてください」と
仰せつかってから4回目のイベントが行われました。
「関心がないのではなく私と同じように知らないだけでは…」
まずは知ってもらうことからですね。
と始まったイベントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆめちゃんという可愛い女の子がいました。
ゆめちゃんは白血病になりすべての手を尽くされ、
アメリカのCAR-T療法ならば助かるとお父さんは決断、でも1億5千万かかる…
募金が行われ、集まり、さぁ、行こう!とした時に
アメリカの病院の都合で行けなくなり、
ゆめちゃんの尊い命は天国に旅立ちました。
そのことがきっかけとなり名大病院の先生方が中心となって発足されたのが
名古屋小児がん基金です。
そして研究が行われ、その、CAR-T療法も完成して、
現在は大人への臨床試験も行われています。
先日はキムリアという薬が3349万円!と発表がありました。
名大病院での治療ができるようになれば、
薬の価格だけならば100万〜200万でと、うかがいました。
医療はすべての子どもに平等でありたい!
お金持ちだけが助かるアメリカのようになってはいけないのです。
このイベントは続きます、
ぜひ、機会があれば「知ることから」”知ってください”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「CAR-T療法の開発状況 」
名古屋大学小児科高橋義行

「ゲノム医療の現状」
名古屋大学小児科村松秀城

「小児がん経験者小児がん腫瘍医としてできること」
東京都立小児医療センター松井基浩

「高額医療に対するアカデミアからの処方箋」
名古屋大学病院名誉教授小島勢二

「逃げ切れ日本の皆保険制度」
堤未果

「日本ど医療制度の危機」
堤未果・小島勢二
コーデネーター中日新聞編集委員安藤明夫

 

 

供養の花火

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 6月 11th, 2019

熱田祭りでした。
毎年、同じ日に祭りがあり花火が上がる。
家族と友とみんなで空を見上げます。

201906050000001

先日の千葉県銚子の犬吠埼沖で貨物船が
衝突、沈没した船に私の父の弟、
大好きな大切な叔父が乗っていました

今年の花火は、わたしにとって
叔父への供養、花火が上がるたびに
叔父との思い出、優しい声が聞こえ
手を合わせ、涙も溢れます

52年間、船に乗っていた叔父
大きなマグロ船の船長で1年から2年という長い航海に行きます
帰ってくると大好きなお嫁ちゃんと二人の息子とそして私たち親戚を気遣い、
もう、優しさとはこういうこと…を、
教えてもらう叔父でした

あと一人行方不明の方がいます
どうか見つかりますように…どうか…どうかと願います。

201906050001002

月曜日から日常生活に戻りました。
日常に戻ると
よけいに涙が溢れます

生きている私たち
みんな忙しい日常ですが、
食事して話したり笑ったり
泣いたり酔っ払ったり…
少し無理してでも家族はもちろん
仲間や友と逢えるといいです

 

 

老舗料亭「河文」で書で繋がりま書!

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 6月 11th, 2019

大好きな老舗料亭の河文で、
ベルギーのスペシャルなお客さまと書で繋がりました!
文房四宝をお伝えして、宮城県 雄勝の硯、
墨はもちろん先日黄綬褒章を受賞された、
たった一人の伝統工芸師 鈴鹿墨伊藤亀堂さんの無敵墨、
そして豊橋筆を使います。
ただ、お習字をするわけではなく、心にある気持ちの書をかく!
なんと海外の方々にも伝わり、大切な想いを書かれました。
「娘・抱きしめたい・友情・風・船・ピース!平和・恋…」
優しく素晴らしい書を書き上げられました。
作品は、私が教えるので私の書に似てますね(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2019060300000007

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2019060300000013

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2019060300000015

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019060300000018 2019060300000019

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河文の絢子女将さんは、芸どころ名古屋の文化を海外に広めましょう!と
日頃から動いて話して繋げてくださる素晴らしい時間を作ってくださる
心の底から美しい女性です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

医療はすべての子どもたちに平等でありたい。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 6月 5th, 2019

@FM矢野きよ実の上出来ラジオ
今週の上出来ゲストは先生ですよ〜!
名古屋大学名誉教授の小島勢二先生です。
小児がん、特に白血病の子どもたちの治療・研究に取り組む
世界的に有名な先生です。
先生が難病に苦しむ子どもたちの未来を守るために設立した
「名古屋小児がん基金」
まもなく設立から3年を迎えるということで、
6月8日に記念イベントも行われます。
「小児がん・白血病・治療法…とは?」
小島先生にわかりやすくお話していただきます。
すべての子どもたちに平等でありたい医療。
子どもたちの明るい未来のために、
さぁ一緒に朝活!お勉強しましょう!

20190619000000001

20190619000000002

20190619000000003

20190619000000004

 

 

全国赤十字大会に出席させていただきました。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 5月 23rd, 2019

皇后さま初めての単独ご公務
全国赤十字大会に出席させていただきました。
会場には昨年の上皇后美智子さまの姿が映し出され感動でした。
そして、名誉総裁にご就任された皇后陛下がご登壇され、
大きな拍手が会場から溢れました。
とてもとても美しかったです。
大会には名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さま、常陸宮妃華子さま、
寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまもご出席され、尊い一日に感謝です。

2019052200000001

2019052200000002

2019052200000003 2019052200000004

2019052200000005

東日本大震災直後に、
一緒に被災地に向かった日本赤十字愛知県支部の清水さん、津村さんと
お逢いできる時間は何より大切です。
ありがとうございます。

2019052200000006 2019052200000007

2019052200000008

 2019052200000009

 2019052200000010

2019052200000011

 

 

四日市中央工業高等学校 へ

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 5月 23rd, 2019

四日市中央工業高等学校 “四中工”の
22歳〜72歳の同窓会総会で講演をさせていただきました!
同じ高校で学び繋がっている人々の空間は
誇りと安心が流れて素敵でした。
先輩、後輩っていいですよね〜
楽しい時間をありがとうございます!

201905180030000001

201905180030000002

201905180030000003 201905180030000004

201905180030000005 201905180030000006

201905180030000007

201905180030000008

201905180030000009

 

 

ラグビーワールドカップ2019

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 5月 23rd, 2019

さぁ!チケットゲットできましたかー!
ラグビーワールドカップ2019アンバサダーの廣瀬佳司さんは
日本代表スタンドオフとして40キャップを獲得し、
ワールドカップ3大会(1995、1999、2003)を経験している
すご〜い方なのです!
廣瀬さん、ソナポケのみなさん(コーダイさんラガーマンのように
カッコいいですねー)
SKE48のみんなとラグビーワールドカップの魅力をお伝えしましたーー!

20190518002000006

20190518002000007

20190518002000008 20190518002000009

20190518002000010

20190518002000011

 

 

ラグビーワールドカップ2019

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 5月 23rd, 2019

土曜日は
ラグビーワールドカップ2019
第三次一般販売を記念してのイベントがオアシス21で行われました!
11:00〜@FM UPBEAT UEEKENDのケリー隆介さんとSKBの西浦ちゃんとの
公開生放送にラグビーワールドカップ開催都市特別サポーターとして
出演させてもらい喋り捲って参りました!
カッコいいケリー隆介さんには楽屋で
名古屋弁講座をさせていただきました(笑)

20190518002000001

20190518002000002

20190518002000003

20190518002000004 20190518002000005

 

 

今年も春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーンに!

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 5月 23rd, 2019

春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーンに
祭ナインのみんなと講談師の旭堂鱗林さんと参加してきました。
愛知県は見守り隊などボランティアのみなさんが頑張ってくださるおかげで、
一番犯罪の多かった平成15年から犯罪が4分の一に減少したのです!
防犯も交通安全も災害も、家庭と地域でいっぱい話して、
みんなで守ることがいちばんいいいです。
今回の啓蒙活動の品は、私の書いた「いつも味方だよ」のファイルと
可愛いタオルハンカチです。

201905180000001

201905180000002

201905180000003 201905180000004

 201905180000005

 201905180000006 201905180000007

201905180000008 201905180000009

201905180000010

201905180000011