泣きそうでしたよー

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 2月 6th, 2018

一宮市立南部中学校の900人のみんなに逢ってきました。
明るくて素直で笑って泣いて可愛かったぁ!
最後まで見送ってもらって泣きそうでしたよー。
みんなに触ってもらう奇蹟”ミラクル”を書かせててくれてありがとうねー
また行くねー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

瀬戸市の公民館は素敵です

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 29th, 2018

瀬戸市には公民館が15もあります。
子どもの頃、近所の優しいおばちゃんおじちゃんとお茶会したり楽しかったな…
お世話になった懐かしいおばちゃんの顔を浮かべながら喋りました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

40年・50年公民館でみんなを見守ってくださった方々の表彰を
瀬戸市長が讃えます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はいつもの通りステージ歩きまくります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさんを讃え、私の講演を聞いてもらい、
会場は泣けちゃうくらいアタタカカッたです。
みなさんありがとうーーー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日書いたばかりの
児童養護施設の子どもたちの心の叫びの書を見てもらいました。
持っているのはその子の傍に寄り添った
無敵プロジェクトの村田さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大学生の真歩ちゃんも
寄り添った子のことを、みなさんに話してくれました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東明小学校の永草前校長先生が
私たちを繋いでくれました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日お誕生日だった館長さんに
色紙のプレゼント!もらってくださってありがとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の母ちゃん。86歳の母ちゃん!
チャリティ物販、張り切ってまーす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんのみなさん
嬉しかったです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

児童養護施設の子どもたちの心の音

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 18th, 2018

1月13日愛知県内の児童養護施設に行きました。
子どもたちの心の裡(うち)を書で聞きました。
500枚以上の心の叫びをききました。

201801130000011

ひとりひとりの子どもたちは
みんな一生懸命に一文字一文字を書いていました
みんな事情がちがいます、
虐待など、何らかの事情があって児童養護施設にいます
何年もいる子もいます

201801130000022

「死にたいと思うな 生きていてよかったと思う日が・・・」
とても怖い思いをした4年生の男の子は何枚も命の叫びを書きました

201801130000033

小さな子どもが、おじいさんになったらわかるようなこと
生きること、生きていてよかったって書きます、叫びます
ほんとうは本來の子どもたちのように、
わがままを言って元気でいてもらいたいです

201801130000044

201801130000055

この日、子どもたちの傍に寄り添わせてもらった17人のメンバーは
私たちに何ができるか・・想い考えています。

201801130000066

小さな力しかないけれど・・
「いつも毎日、味方でいます。想っています」

201801130000077

楽しい毎日をすべてのこどもたちがおくれますように
2018年1月17日 矢野きよ実

 

 

川澄敬記念シンポジウム 小児がんのこれからを考える

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 1月 18th, 2018

名大病院で闘病生活を続けていた高校二年生の川澄敬くんが
小児がんで亡くなりました。
敬くんは日頃から「世の中の人の役に立ちたい…」と伝えてくれていました。
この日、小児がんに関わる医師が全国から集まり想いを伝えてくれました。
そして敬くんのご両親、同級生もメッセージを伝えてくださいました。
私たちは何をするべきか…
同じ時代に生きている私たちが3時間で教えてもらった尊いメッセージです

2018011400001001

名古屋大学病院名誉教授の小島先生の想いから始まりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川澄敬くんのお父さまのメッセージは会場のそれぞれのみなさんの心に響き
それは敬くんの大きな心の叫びのようでした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小島先生は小児がんの全ての子どもたちの命を守り救うことに
全身全霊で挑まれている
本当にすごい先生です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今から25年前にも再生不良性貧血で亡くなった小さな命を想い
「坂本記念シンポジウム」が開催されたそうです。そのシンポジウムから
医療はめざましく進歩し骨髄移植も行われるようになりました。
その時の先生方が、この日、日本全国から来てくださいました。
そしてこれからの小児がんを救うための決意を話し合われました
感動しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私がお手伝いできるのは司会だけですが・・一生懸命喋ります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アメリカでは8割から9割の小児がんの子どもが助かるという療法があります
でも、日本から治療に向かうには全てを含むと1億5千万程かかります
その療法は名大病院でも研究が進み名大ならば100万以下とも言われています
そして現在、認可を待つ状況にあります
この日、お子さんが病気になり再々発、現在は寛解状態ですが
この治療を待ちわびるご家族が新潟から来てくださって、みなさんの前で
気持ちを語ってくださいました。
「知ること」私たちはこの事実を「知ること」です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お母さんの願いの叫びの後ろには
その療法を発明した先生方が見守るように聞いてくださいました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、最後は川澄敬くんのお友だちが敬くんとの思い出と
想いを語ってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場には敬くんと同じ病気で息子さんをなくされた方、今お子さんが小児がんと戦っている方、治った方、健康だから何かを始めたい・・と様々な方々が会場に集まってくださいました。大きな「想い」の尊い時間です

2018年1月18日 矢野きよ実

 

 

よいお年をお迎えください

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 31st, 2017

今年もお世話になりました

今まで仲良くしてくださった人
新しく出逢えた人…たくさんの人とご挨拶して話して笑って泣いて…
特に今年はたくさんの中学・小学校に講演会の授業に行くことができました。
何より「僕は今日死のうと思った」
メッセージは重かった。
でもね、メッセージくれたのは
一人二人ではなかったんです
その子どもたちは、被災地の子どもたちや
児童養護施設の子どもたちの命の叫びのメッセージで
「自分と同じ気持ちでも生きている子が世の中にいる…だから今日は死なない」
そう呟きました。
同じ気持ちの子どもたちが命を救ったんです。

引きこもりの子どもたちが
体育館の一番後ろの、
友達に見えない場所で話を聞いて
手紙をくれます

個室で「僕が引きこもった理由は…」と泣きながら話してくれます。
でも、私はカウンセラーではないので
聞くだけ。
聞いて傍にいて味方になるだけしかできません。

201712310000001

この7年間でわかったこと
大人の私たちが元気でいなければ
笑っていなければ子どもたちは
話す場所もなく何より涙をこぼす場所がなくなります。
私たちが毎日普通に暮らしながら
傍にいること味方でいることが
子どもたちの居場所になることができると心の底から感じています。
泣きたい時は大人同士、私も友に泣かせてもらっています(笑)
先週、義理の母が亡くなりました
後悔がいっぱいの中で義母と話すことができたことを感謝して
静かに過ごしています。
出逢えたみなさんにもう一度
何度でも、逢える人生でありますように…
今年もありがとうございました
良い年をお迎えください
いい日になりますように…

矢野きよ実

追伸
1月は「今日の書展」で復興のお酒の
「絆結」が展示されます。
*そして愛知県の児童養護施設に無敵プロジェクトは書の授業に行きます
*14日は小児がんで亡くなった名古屋の高校生の川島敬くんのシンポジウムを
お手伝いします。
*そして数々の講演会と
*大切な@FM矢野きよ実の音楽無礼講で
たくさんのアーティストを今年も迎えます。
*耕一さんの裏方も努めます(笑)
*やりたい事があります。
どうかまた一緒に動いてくださいね。
同じ方向に向かう人々がいることに
感謝しています

 

 

心と体で受けとめてくれた小学生の子どもたち。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 16th, 2017

名古屋の熱田区の3・4・5・6年生と2時間
の授業を過ごしました。

2017121300000011

わかりますかー
一生懸命の瞳。
私も一生懸命話しました。

2017121300000222

可愛かったーたまらなかったー。

2017121300000333

1時間15分の授業を全員で体と心で受け止めてくれました

2017121300000044

講演の授業が終わると、小学生も中学生も、
みんなの代表で感想を話してくれるんです。
それがね、素晴らしいんです!
台本も無い何を話すかわからない私なんかへの
感想ですよ…感動します。素晴らしくって。

2017121300000055

そして最後に子どもたちからの贈り物…
小学六年生のみんなに
講演授業の後に音読をもらいました

2017121300000066

ベッドミドラーのローズにあわせて…
未来に生きると…一生懸命に一言一言もらいました。忘れません。

2017121300000077

幸せな時間を、ありがとうございます。

2017121300000088

 

 

あたたかで優しい八百津町の人びと。

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 12th, 2017

日曜日は八百津町へ行けましたー!
八百津町に33年前に嫁いだ女性に八百津町の良いところを聞くと
「人が優しいの」本当に優しくてあたたかでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩手・宮城・福島・熊本被災地四県のお米で誕醸した
復興のお酒「絆結」の書が、ひと月だけ東京から里帰りしています。
お披露目できる場所に持って行きますね〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講演会には手話通訳の方々がボランティアで来てくれます。
台本のない私の無茶喋り、しかも早口な名古屋弁!いつもすみません(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「終わりかと思ったらまだ途中だった」
色紙をプレゼント…涙が溢れましたね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

町長は自ら楽しく動くんです(笑)
今度は父ちゃんも歌ってくれ!と声かけてくれました(笑)ありがたい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東北大震災からずっと一緒に動いて繋がっている”無敵プロジェクト”は、
その日動ける人が集合してくれます。
八百津町に来てくれたメンバーです

 

 

保育園の先生ありがとうー

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 12th, 2017

私の講演を聴いてくださった保育園の園長先生から
「知立の13ある保育園の先生に喋りに来てください。」とお手紙が届き
行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

知立の保育士さん全員集合!
たくさんの喜びと日々の大変なこと…一緒に話しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先生方みんな号泣。頑張ってる先生!ありがとうーー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また逢おうね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

木祖村の56人の中学生に逢えました

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 12月 3rd, 2017

また木祖村に行くことができました。

201712010001001

木祖中学校の全校生徒56人、村長、先生方、教育委員会、保護者のみなさん、
そして木祖村のみなさん
木祖村村民センター会場いっぱいに集まってくれました。

201712010001002

村長は”子どもたちに話を聞かせてやりたくてなぁ〜頼んだぞ”
といつもあったかいんです。
昨年も名古屋に来てくださって
「木祖村に恩返ししてくれ…」と涙を流されました。

201712010001003

この日、子どもたちは一人一人熱心に一生懸命聞いてくれました。
私も一生懸命話しました。
可愛かったーー。たまらない可愛さでした。

201712010001004

201712010001005

56人の子どもたちと書の授業をする約束を交わしました。絶対守るね!

201712010001006  201712010001007

201712010001008

最後は書もかいちゃって、30分も時間オーバーでバスの運転手さんにも
ご協力いただきました。ありがとうございます。

201712010001009

木祖村は木曽川の源流、木曽川は400万人がお世話になっている
大切な水資源です。

201712010001010

でもその木祖村の人口は3,000人を切りました…
人がいなくなれば里山も山も荒れ川は破壊されます…

201712010001011

昨年、村長は名古屋まで来てくださって話してくれました。
一生懸命な話に涙がでました。
私たちの未来の子どもたちのためにも美しい水がなくなっては困るんです!
繋がなければ…

201712010001012

木祖村に住む先生方もお母さんたちも
本当に優しくてあたたかです。

201712010001013

後ろ髪を引かれながら帰ります

201712010001014

こんなに優しくしてもらって…

201712010001015

繋がれて、本当によかった
みなさんに逢えて本当によかった

201712010001016

外に出ると真っ暗な村に
大きなお月さまが輝いてくれていました
村長ーー子どもたちーまた来るねーー

201712010001017

 

 

素晴らしい中学校でしたよー

Posted in Diary,Information by yano kiyomi on 11月 30th, 2017

江南市立北部中学校の子どもたちの瞳と心の美しさに
最後は涙が止まらなくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前年度の先生方の勉強会で私の話を子どもたちにもして欲しいと
言ってくださった大薮校長への感謝を持って向かった
北部中学校は素敵でした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

悩みも不安も抱え、それでも前を向き歩いて行く子どもたちへの
心の傍に居られることの幸せと責任を想いありったけの力で
一生懸命話してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

120分の長い時間の繋がりの心地良いこの日は忘れない。
ずっと大切にしますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中学生活を送る子どもたちが、
どうか、その優しさと笑顔が守られる人生でありますように…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が書いた大きな「愛」の書は子どもたちからのリクエストです。
特に3年生の大勢の男子からのね(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生徒会長、副会長の笑顔も素敵です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は子どもたち全員で合唱をプレゼントしてくださいました。
まいった……翼をください…まいりました…

“響いたー”子どもたちからのこちらへ向かうメッセージを
しっかり受け止め
美しい心をもらってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ありがとうねー。また逢おうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

校長の志の高いこの中学校は先生方も同じ笑顔と誇りがありました。先生方のテキパキと動きまくるお手伝いにも感動。ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

良い背中を見せまくる大人たちのいるキラキラの中学校でした